クリスマスローズとは

クリスマスローズってどんな花…?

  クリスマスローズはヨーロッパから西アジアにかけて自生し改良されてきた、

 寒さに強い多年生植物です。

 

 原産地ではクリスマスの時期に咲き、イエス・キリストの誕生の時に唯一自生していた花で、

 お祝いに捧げられたことから”クリスマスローズ”と命名されたという説もあります。

 キリスト教徒のお客様で、クリスマスには必ず白い一重咲き(シングル)のクリスマスローズを

 お買い求めになる方もいらっしゃいます。


 日本には明治時代の頃には輸入されて「寒芍薬(かんしゃくやく)」という和名で、茶席の際の

 茶花としても用いられていました。寒さに耐えてうつむき加減に咲く容姿には、可憐さや

 奥ゆかしさの中にも芯の強さが感じられ、明治の時代から日本人に愛されてきたのですね。

 

 ヨーロッパ原産の花でありながら、和風の庭の下草(グランドカバー)に用いても違和感のない

 ことも人気の一つです。

クリスマスローズの魅力とは…

 ”冬の貴婦人”という別名もあるクリスマスローズ。西日本では冬にも咲きますが、寒冷地では3月下旬から

 4月にかけて咲き、春の訪れを告げる花として徐々に知られ人気が出てきています。

 

 そして魅力の一つは、なんといっても交配種の花の形、花色の多様さです。
 一重咲き(シングル)、八重咲き(ダブル)、セミダブル、アネモネ咲き、カップ咲き、剣弁咲きなどから、

 それぞれ白、ピンク、赤、紫、黄色、また複雑に入り混じった中間色などもあります。
 これにスポットが全体に入る網目系、縁に色が細く入る覆輪系、2つの色が交互に入る複色系などといった

 要素も加わるため、同じ花色の個体がないのが特徴です。


 当園では大まかなカテゴライズで20品種を養生していますが、毎年変わった花色が出てくるのでとても

 面白いです。一期一会の出会いを楽しみませんか?

クリスマスローズが花を咲かせるまで…

 クリスマスローズはとても生長がゆっくり。種を蒔いてから発芽するまでに半年もかかります。

 しかもその間、約1か月凍らせなければなりません。発芽した小さな苗をポットへ植え替え、翌年鉢に植え

 替えと、花を咲かせるまでには3~4つの行程を経て3年という年月がかかります。


 当園は1999年からクリスマスローズの栽培を始めていますが、苗づくりの失敗は5回ほどありました。
 その影響は3年後に出てくるので本当に大変!(笑)


 でもそれだけ時間をかけて世話をしているので、とても愛らしいんですよ♪